« Switch On! orchestra"平沢進楽曲コンサート"に参加して〜 | トップページ | ヒカシュー『絶景』(CD&DVD)の感想 »

2017年11月28日 (火)

"VicさんのSwitch On! Orchestra感想"日本語訳

海外から日本に留学している私の馬骨仲間のVic(ビクトリア)さんが、ご自身のブログにSwitch On Orchestraの感想を書いてくださいました。とても嬉しかったので日本語に訳してみました。

=========================================================

Switch On! 2017(25/11/2017)

 

120名の音楽に情熱をもった熱心な馬の骨たちが集まったら何が起こるのか?その問いの答えはSwitch On! つまり2016年夏からスタートしたアマチュアオーケストラによる一連のコンサート。その名前は平沢進のアルバム”Switch On!Lotus”に由来するものですが、そのアルバム自身、ウェンディ・カルロスのアルバム” Switch On!Bach”に由来しています。

 

その最新(そして聞くところによると、それはおそらく最後の)公演”Switch On!2017”を観にいくということ、それは私が全行程あわせて荒川から埼玉県の所沢まで約1時間半、電車の旅をしなければならなかったということを意味していました。私は公演に間に合わせようと午前1130分に家を出ましたが、それは正しい決断になりました。なぜかというと私は乗る電車を間違えたからです・・・しかしそれはまた別の話です。90分後に私は見逃すはずのないコンサートホールに到着しました。私は何かAmp Café(注:高円寺にあるイベントスペース)のようなものを予想していましたが、そうではなく、そこは本物のオーケストラホールだったのです。

 

開場までだいたい1時間ほどあったので、私は周辺を散歩して時間を過ごしてからホールの前で待っていました。ちなみに、私は以前あんなにたくさんのベンチが一箇所にあるのを東京で見たことがありません。

 

時間が経って、たくさんのファンがどんどん会場に集まってきましたが、しばらくして先日の平沢さんのライブで知り合いになったひろさんを見つけました。彼はとても親切で、私が自分ではわからなかった座席の番号を教えてくれました。まもなくコンサートホールのドアが開き、私は他のお客さんについていき私の座席を見つけました。

 

午後3時になるとすぐに指揮者と奏者たちがステージに上ってきて観客に挨拶をし、最初の曲「山頂晴れて」の演奏を始めました。私が見たところ、情熱的なプロジェクトPassion Project)という表現が、このイベントを非常によく言い表していると思われました。演奏そのものが耳に喜びをもたらしただけではなく、オーケストラメンバーは現象の花の秘密にちなんだ小さい赤い花でドレスアップし、また救済の技法のジャケットのような幅広の赤い布をかけて楽器を演奏し、またはコーラス隊で歌っていました。琴の演奏者は千年女優の千代子と同じような着物を着ていました。

 

私は普段の平沢さんのライブでは聴くことができないサウンドトラックからの曲を聴きとても幸せでした。私は、還弦主義プロジェクトのような既に交響曲のように組み立てられた楽曲が中心になっていると思っており、かれらが例えば”Timelineの東のような曲をどのように扱うのか疑問をもっていましたが、どの曲もとても聴きやすく心地よかったので、そのような私の心配はまったく不要のものとなりました。

 

特筆すべきは、アンサンブルの中に並ぶ楽器群の中に、なじみのあるヴァイオリン、シロホン、ハープ、様々な打楽器、また1台か2台のピアノのほかに、タルボギター(平沢さんのトレードマークのギター)、三味線、琴、バグパイプ、そして様々なめったに見ることのない楽器たちが並んでいたことです。シロホン(私が推測するに)奏者は追う者の間に速いテンポで演奏し続けていて、私の目はあの速い動きについていくのが精一杯でした。

 

(私が座っていた座席からは楽器の違いを見分けるのが難しく、また私はこの分野にはあまり詳しくありません。そのため、もし私が間違えていたらどうぞ教えてください)

 

ステージ衣装の他にも、平沢さんへのオマージュとして、例えば三味線奏者は、平沢さんがパラレルコザックDVDでタルボで行ったようなアクションをしていました。シェブロン(それは私が最も好きな曲のひとつだったのでその曲を聴いてとてもエキサイトしました)では、奏者たちはふたつのハンドミキサーをマイクに近づけて機械音を出していました。指揮者の方はなにかアミーガについて話をしていましたが私は聞き取ることができませんでした。

 

終盤のハイライトでは、最初の会人が虫除けスプレーの入った箱をもってステージに登場したので、指揮者はノモノスとイミュームライブの時のようにそのスプレーを使ってハエ(奏者たちがまるで自分たちを守るかのように手を動かして当ててハエの音を出していました)を殺さなければならなくなりました。それからまた別の会人が登場し、ハンドマイクのレプリカの入った箱を持ってきました。そしてその小さい箱には曲名が書かれている別々の紙が入っていました。あるひとりのお客さんが現象の花の秘密を選び、その曲がアンコールとして演奏されました。そしてコンサートは最後の曲、バンディリア旅行団で終了しました。私は帰宅した時ヘトヘトでしたが、このユニークなコンサートを観にいけたことで幸せでした。私はこれが最後のコンサートにならないことを希望します。


 残念なことに、私はこのコンサートに参加していたpenpenさんと会うことができませんでしたが、12月のゆるガジではきっと会うことができる思っています。


 家に着いてから、私のホストマザーが私にどこまで出かけていたのか尋ねました。私が彼女に話をした時、私がコンサートを観るだめにそんなに遠くまで出かけていたことに対して彼女の顔に驚きが見られました。「所沢?あなたがそんなに遠くまで旅したのなら、そのヒラサワという人は、本当にあなたの視野を広げるにちがいない!」彼女はブロークンな英語でそう言いました。


Vicさんのオリジナルの記事です↓

https://thegirlclimbingthehologram.wordpress.com/2017/11/26/switch-on-2017-25-11-2017/ 

« Switch On! orchestra"平沢進楽曲コンサート"に参加して〜 | トップページ | ヒカシュー『絶景』(CD&DVD)の感想 »

Susumu Hirasawa(平沢進)」カテゴリの記事

コメント

Pen Penさん、翻訳ありがとうございます♪
助かりましたwww

こちらこそ、ひろさんにお伝えしなきゃと思っていましたが遅くなってごめんなさい!お役に立てたなら嬉しいですー!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "VicさんのSwitch On! Orchestra感想"日本語訳:

« Switch On! orchestra"平沢進楽曲コンサート"に参加して〜 | トップページ | ヒカシュー『絶景』(CD&DVD)の感想 »